● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけあるきへ

◆2005年3月31日(木)   駐日中近東地域大使と懇談(都内、駐日チュニジア大使館)
 大門議員は参議院国際問題調査会の一員として、駐日近東地域大使(チュニジア大使、ヨルダン大使、モロッコ大使、サウジアラビア大使、スーダン大使、イラク大使)との懇談会、夕食会に出席しました。(写真右端が大門議員)
◆2005年3月30日(水)   大型店問題を考えるシンポで報告(都内)
 大型店の出店ラッシュや撤退、深夜営業がすすむなか「まちづくりと大型店問題シンポ&運動交流集会」が30日、全労連会館で開かれました。全商連、全労連、商業・サービス関連労働組合でつくる大型店問題連絡会が主催しました。
 大門実紀史参議院議員は、大型店の出店・撤退問題の背景に、「構造改革」と不良債権処理と外資系企業を参入させる対米従属という政治的背景があると指摘。現在の大型店は、゛早く資本回収をして撤退する゛という戦略をとっており、まちづくり問題として、守りではなく攻めのたたかいを市民ぐるみの運動にしていく条件が広がっていると訴えました。
戻る▲
◆2005年3月27日(日)   宮城登米市議選応援に駆けつける(中田町、迫町)
 大門議員は27日(日)、宮城県登米町、中田町、迫町などが4月1日に合併し、「登米市」となることに伴う市議選を目前にした中田町の佐藤尚哉、迫町の佐藤恵喜の二候補の応援に駆けつけました。大門議員は、国会での共産党議員団の活動、二候補者のこれまでの活動や実績を紹介し、両候補の必勝を訴えました。

戻る▲
◆2005年3月26日(土)   茨城業者後援会集会
 水郷でひらかれた業者後援会の学習会に参加。大門議員は、ホワイトボードを使って、話題になっている「ライブドア・フジテレビ」問題を解説。参加者の関心が集まりました。その後、国会と地方をとりまく情勢についても報告。日本共産党が各地で前進している話に参加者も勇気づけられました。
戻る▲
◆2005年3月26日(土)   茨城新婦人内後援会学習会
 土浦で開催された新婦人内日本共産党後援会の集会で講演。大門議員は国会の情勢と新綱領のポイントについて話ました。参加者から、青年の雇用、BSEへの政府の対応、マスコミの報道の問題点などたくさんの質問が出され、活気のある学習会となりました。
戻る▲
◆2005年3月24日(木)   市民の願い託す新石巻市へ(石巻市)
 宮城県石巻市と周辺六市が合併し、4月1日に「石巻市になることに伴う市議会議員選挙を目前にした24日、日本共産党の必勝をめざす演説会が石巻市で開かれ三〇〇人が参加しました。大門議員は国会開会中の平日の夜でしたが急遽駆けつけました。大門議員は、「地方自治体の痛みを受け止めることができる日本共産党への住民の期待が集まり、定数一で共産党議員が誕生する状況にある。今が頑張りどきです」と日本共産党支援と四候補必勝を訴えました。
戻る▲
◆2005年3月18日(金)   提案権で要求実現ー佐野市議選で勝利を(栃木県佐野市)
 日本共産党栃木県南部地区委員会は3月18日、大門実紀史議員を迎えて、佐野市で演説会を開催しました。市議選としては過去最高の300人を超える市民が参加しました。大門議員は、消費税増税で、財務省が二大政党をバックに自公と民主党が一致できるラインの引き上げを検討していることを紹介し、「国民に耐え難い負担を強いる引き上げを日本共産党とともに阻止しよう」と呼びかけました。
戻る▲
◆2005年3月5日(土)   岩手県二戸・畠中やす子市議必勝演説会
 二戸市で開催された日本共産党演説会で、間近に迫った市議会議員っ選挙での畠中やす子現職市議の必勝を訴えました。畠中さんは現在2期目、町でも評判のがんばり屋さん。共産党はどうも、と思う人でも畠中さんのフアンはたくさんいます。しかし、人々は人間をつうじて共産党の本当の姿を知ります。畠中さんの努力が二戸市民の共産党支持も広げていくはずです。
戻る▲
◆2005年3月4日(金)   入間市議選の勝利を訴える(入間市駅前)
 大門議員は埼玉県入間市議選(6日告示、13日投票)の応援で3月4日、入間市駅前で開かれた街頭宣伝において四候補必勝を訴えました。前日からの雪が残り底冷えのなかでの訴えに、市民約百人が足を止め聞き入りました。大門議員は、政府が進める「構造改革」路線が地方自治を破壊する方向だと批判。日本共産党市議団が介護保険料・利用料の軽減、ゴミ有料ストップなど市民の立場で実績を積み重ねてきたきたことを紹介し、「国言いなり、市長言いなりの自民党や公明党、民主党が議会の多数を占めていては市民の願いは市政に届きません。なんとしても四候補を議会に送ってください」と訴えました。
戻る▲