● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけあるきへ

◆2006年5月27日(土)   小樽の街づくりを考えるシンポジウム
 日本共産党の花岡ユリ子道議事務所主催の「小樽の街づくりを考える」シンポジウムが小樽市で開かれました。大門議員は、岩田吉元小樽市経済部長、昆布店「利尻屋みのや」の簔谷修代表、山本眞樹夫小樽商大副学長とともにパネリストとして、中心市街地の活性化と住みよい街づくりなどを議論しました。大門議員は、由布院などの街づくりの例を紹介し、街づくり運動は、対決(反対)で終わらず、行政、地元経済界を巻き込み、市民のビジョンをつくることが大切だと強調しました。シンポの報告集は、7月にできる予定です。
戻る▲
◆2006年5月20日(土)   東北ブロック草の根シンポ「いま考える格差社会と医療・福祉問題」で報告(山形)
シンポジウム 報告
 6回目で一巡となる、日本共産党東北ブロック事務所と東北6県委員会主催による草の根シンポ「いま考える格差社会と医療・福祉問題」が山形市で開催。大門議員は「『構造改革』がもたらす貧富の格差」と題し、小泉「構造改革」による格差拡大の問題を詳細に報告。「大門さんの話をもっと聞きたかった。大切な問題がわかり易く話されたから」といった声が寄せられました。
戻る▲
◆2006年5月16日(火)   2006年5月16日(火)「高金利引き下げ全国連絡会」の国会要請集会であいさつ
あいさつ  多重債務の原因となる高金利引き下げを求め、8万名の署名を持って国会議員への要請行動を行った「高金利引き下げ全国連絡会」の院内集会であいさつ。「法案が提出される秋の国会に向け、日々のたたかいを強めましょう」旨激励しました。
戻る▲