● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけあるきへ

◆2006年11月25日(土)   熊本、沖縄でのヤミ金、日掛け金融被害の実態調査
 大門議員は24日に熊本、25日に沖縄で、貸金業規制法改正案の国会審議に備え、ヤミ金、サラ金の被害実態調査を行いました。現地の「被害をなくす会」の司法書士などの方々とともに、被害者本人から聞き取り調査を実施。家族を巻き込んだ悪質な取り立ての実態、被害届を出しても取り合わない警察の問題点が明らかにされました。
戻る▲
◆2006年11月22日(水)   紙智子参院議員、北海道の議員とともに政府交渉
経済産業省と交渉 環境省と交渉
紙智子参院議員、北海道議会議員及びその候補者の人たちとともに、政府交渉を行いました。夕張市への支援、石油価格高騰への対応策、渡り鳥のバードストライクの問題など様々な問題を各省庁に要求しました。
戻る▲
◆2006年11月20日(月)   学費値上げ反対で全学連の学生たちと財務省交渉(財務省)
 大門議員は財務省内で二十日、全国学生自治会総連合の学生とともに、国立大学費のすえおき、私大助成の増額などを中川真主計官に要請しました。中川主計官が、国立大学費値上げを検討していることを明らかにしたのに対し、学生からは「生活のため週五日平日全てバイトしており学業にも支障が出ている」「教科書を買うため一日食費は三百円」(東京)、「学費のために親戚を回ってお金を借りた人もいる」(京都)など切実な実情が次々発言されました。大門議員は「学費の値上げ、奨学金の金利上限廃止は必要ないとする文科省の要求は当然だ。学生の負担は限界に来ており、財務省の考えは教育重視の安倍政権の方向と矛盾している」と主張しました。
戻る▲
◆2006年11月20日(月)   教育基本法改悪反対国会座り込み集会で参加者を激励
 教育基本法改悪法案の衆議院強行採決に続き、17日(金)に、参議院本会議で単独審議入りした自民党、公明党の暴走を許さず、徹底審議で廃案に追い込もうと、参議院議員会館前に座り込んだ教育基本法改悪許さない各界連絡会の集会であいさつし、参加者を激励しました。17日には、与党の単独審議入りに講義する請願デモを激励しました。
戻る▲
◆2006年11月3日(金)   赤旗まつり「仕事しゃべり場」で青年と交流
若者広場の企画「仕事しゃべり場」青年の声に耳をかたむける大門みきし議員。青年達から仕事のやりがい、賃金や労働条件のこと、偽装請負のひどさについて活発な発言がありました。
大門議員は疑問に答えながら、政治を変えることが大事。みんなで立ち上がろうと呼びかけました。
戻る▲