● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけあるきへ

◆2007年6月26日(火)   消費者のための割賦販売法改正実現全国設立集会のシンポで激励あいさつ
 高齢者に対する次々販売などクレジット被害が社会問題する中、割賦販売法の抜本改正を求めるクレジット過剰与信対策会議など17団体が26日、主婦会館で「消費者のための割賦販売法改正実現全国会議設立集会を行いました。大門議員は、設立集会の「割販法改正緊急シンポ」で、昨年の貸金業法改正と同様に運動で世論をつくり「消費者のための割賦販売法改正を実現させよう」と激励あいさつを行いました。
戻る▲
◆2007年6月25日(月)   キャノン、東芝、松下の偽装請負を告発している労働者とともに厚労省と交渉
 大門議員はキャノン、東芝、松下などの名だたる製造業大企業に働く労働者、トヨタ系の下請け「光洋シーリングテクノ」で働く労働者とともに、厚生労働省と交渉しました。労働者は偽装請負を告発し、労働者の直接雇用、違法行為をしている派遣先大企業の企業名公表などを求めました。特に、直接雇用する場合でも短期雇用ではなく「期限のない雇用」としなければ解決にならない、と厚生労働省に強い指導を求めました。大門議員は「今後も現場の労働者と国会議員と連携して厚生労働省と交渉する。責任ある対応をすべきだ」と迫り、厚労省側は上層部に伝えることを約束しました。
戻る▲
◆2007年6月15日(金)   労山遭難対策基金と自主共済の適用除外を求める請願デモを激励
 日本勤労者山岳連盟に加入する仲間が「労山遭難対策基金と自主共済の適用除外を求める6.15全国登山者集会」を開き、「保険業法の適用除外を求める請願」を国会提出する請願デモを行いました。参議院議員面会所では、大門実紀史議員と小林美恵子議員が激励し、請願を受けました。
戻る▲
◆2007年6月7日(木)   全建総連主催「6.7消費税率引上げ反対・大衆増税に反対する中央総決起大会」で激励あいさつ
請願署名受け取る あいさつ
全建総連主催の「6.7消費税率引き上げ・大衆増税に反対する中央総決起大会」で、党を代表して激励のあいさつをしました。大門議員は、安倍内閣による参院選挙での消費税率引き上げの争点そらしを許さず、大衆増税問題を争点に押し上げ、増税ノーの国民の審判を下すためにともにたたかおうと呼びかけました。
戻る▲
◆2007年6月7日(木)   税務行政、人事政策について、国税庁長官、関税局長への申し入れ(財務省内)
 大門実紀史議員は、佐々木憲昭衆院議員とともに、当面の税務行政、人事政策について、福田進国税庁長官(左写真)、青山幸恭関税局長(右写真)に申し入れを行いました。定率減税廃止の影響についての広報活動、納税者サービス向上のための人事政策について要望を行いました。
戻る▲