● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけあるきへ

◆2007年11月21日(水)   北海道委員会、茨城県委員会・地方議員団の政府交渉に参加
北海道の経産省交渉 茨城の国交省交渉
 今週も東北、北海道、北関東各地の政府交渉が連日行われ、大門議員は21日、翌日の額賀大臣・防衛疑惑問題の質問準備で忙しい中、茨城県と北海道委員会の政府交渉に参加。衆院予定候補者や地方議員の皆さんと各地の問題・要求実現を迫りました。左は北海道の経済産業省交渉、右は茨城の国土交通省交渉。
戻る▲
◆2007年11月16日(金)   14日埼玉、15日青森、16日群馬など各県委員会・地方議員団の政府交渉に参加
15日青森 16日群馬  今週は東北の宮城・青森・岩手、北関東の埼玉・群馬など5県の地方議員団の政府交渉が連日行われました。大門議員は国会活動の合間をぬって、14日埼玉、15日青森、16日群馬の政府交渉に参加、地方議員の皆さんとともに、住民が抱える切実な悩みの解決、要求実現のために奮闘しました。
戻る▲
◆2007年11月9日(金)   全国建設労働組合総連合との懇談会であいさつ
 日本共産党国会議員団・建設国保対策委員会(責任者・笠井亮衆院議員、事務局長・大門実紀史)は国会内で九日朝、全国建設労働組合総連合(全建総連)役員と懇談会を行いました。全建総連からは古市良洋書記長、大江拓実、林裕司書記次長など役員・専門部長が多数出席しました。冒頭、司会をかねる大門議員があいさつ。続いて笠井議員の代表あいさつの後、古市書記長より来年度予算について、国保組合への国庫補助確保などの要請がありました。特に来年度から各保険者に義務付けられる「特定検診・保健指導」の費用負担について活発な意見交換がなされました。日本共産党からは笠井,大門議員他、穀田恵二、吉井英勝、塩川鉄也、志位和夫(代理)各衆院議員、小池晃、井上哲士、山下芳生、紙智子、仁比聡平各参院議員が出席しました。

戻る▲
◆2007年11月8日(木)   クレジットの被害の根絶へー消費者のための割賦販売法改正を
詐欺商法や次々販売などを助長しているクレジットを規制する割賦販売法の改正を求めて、「消費者のための割販法大改正を!消費者相談員の声を国会に届ける院内集会」が8日、衆議院第二議員会館で開催され、消費生活センターの相談員、弁護士、被害者団体の代表ら130名が参加しました。集会には、日本共産党の吉井英勝衆院議員、大門実紀史参院議員ら超党派15名の議員が出席しました。
大門議員は、「信販会社に共同責任を課し」既払い金返還を含めて消費生活センターの相談員のところで解決できるルールを実現させるために超党派で頑張りますと激励しました。
戻る▲
◆2007年11月7日(水)   埼玉県民要求実現掲げ国会要請行動
 11月7日、県民要求実現埼玉大運動実行委員会は、新テロ特措法始め緊迫する終盤国会情勢を学び、埼玉県民の怒りと要求を国会議員に直接届けるために、国会内で学習、国会議員要請行動、議員会館前の集会と、積極的に行動しました。大門議員は、院内会議室で行われた集会と昼休みに議員会館前で行われた集会でそれぞれ挨拶しました。
戻る▲
◆2007年11月2日(金)   吉川春子さん囲む会
 参院議員を四期二十四年つとめられた大先輩、吉川春子さんを励まし、囲むつどいが埼玉県・浦和で開催されました。
 大門議員は「花はなぜ美しいか。ひとすじの気持ちで咲いているからだ」(八木重吉の詩)をいれながら、吉川さんの労をねぎらいました。
戻る▲