● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2008年8月27日(水)   支庁再編、燃油高騰問題で釧路・根室を調査
 大門議員は、紙智子参議院議員、宮内聡衆院北海道比例候補、地元の地方議員とともに、根室市役所(写真左)、4つの漁協(写真右 落石漁協)を訪問し、支庁再編問題、燃油高騰問題で懇談しました。根室市役所では石垣雅敏副市長が応対。大門議員は、道庁が強引にすすめた支庁再編の問題点、燃油高騰の漁業、酪農を中心とした農業への影響について、活発に意見交換を行いました。また、漁協は浜中町の浜中漁協、散布(ちりっぷ)漁協、根室の落石漁協、根室漁協と懇談し、政府の燃油対策について、手続き上の問題点、実際の効果などについて議論しました。浜中町では、加藤弘二、竹内健児両町議、根室市では神忠志、高本みさ子、鈴木一彦の各市議が同行しました。
戻る▲
◆2008年8月24日(日)   労働者後援会総会で国政報告(秋田市)
 秋田県日本共産党労働者後援会は8月24日秋田市内で、大門実紀史参議院議員を迎えての国政報告と後援会総会を開きました。大門議員は、「資本主義の暴走(新自由主義)との対決ーー労働者のたたかいが展望をひらく」と題して報告しました。その後、参加者からは多くのが質問が出され、大門議員が答えました。
戻る▲
◆2008年8月23日(土)   北海道民医連学習決起集会
 北海道民医連学習決起集会が札幌市内で開催されました。大門議員が国会報告、経済アナリストでテレビでもおなじみの森永卓郎さんが「消費税増税必要なし」と講演をおこないました。
 各分野の参加者からたたかいの報告があったあと、大門議員と森永さんが、「財政再建と増税の関係」「軍事費は必要か」「相続税について」など、会場からの質問に応えました。会場は終始、笑いに包まれ、楽しい中にも秋のたたかいへの決意を固めあった集会となりました。
戻る▲
◆2008年8月4日(月)   乙部町、江差町で町長と支庁再編問題で懇談
 大門議員は、宮内聡衆院北海道比例候補らとともに、北海道支庁再編で廃止となる桧山支庁の管内の寺島光一郎乙部町長(全国町村会副会長)、濱谷一治江差町長と懇談。両町長とも「地方4団体が反対しているのに、なぜ話し合いもせずに決定したのか」と道庁の姿勢を批判しました。公職選挙法改正で今後の舞台となる国会での対応についても意見交換がなされました。また、「桧山支庁存続と権限・機能強化を求める江差町連絡会議」代表の飯田隆一江差商工会長とも懇談しました。
戻る▲
◆2008年8月4日(月)   北海道厚沢部町、乙部町で農協、漁協と懇談
 大門議員は、宮内聡衆院比例北海道候補らとともに、厚沢部町、乙部町で燃油高騰問題の現地調査を行いました。農協厚沢部基幹支店では、大内力支店長、岡田順一営農課長と懇談。燃油高騰の影響、国の価格安定制度の問題点など活発に意見交換を行いました。ひやま漁協では、工藤智司代表幹事、浜野節夫専務理事ら役員と松崎敏文乙部船団長ら漁師と懇談。「政府の対策は手続き的にもきちんと受けられるものにしてほしい。省エネは十分やっている」など要望を受けました。加藤古志男厚沢部町議、安岡美穂乙部町議、小野寺真江差町議も同行しました。
戻る▲