● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2009年2月22日(日)   帯広「経済危機と雇用を考えるつどい」
 大門議員は音更につづき、午後、帯広市で開催された「経済危機と雇用を考えるつどい」で講演。つどいでは、日本共産党の稲葉典昭帯広市議から地元十勝の雇用情勢を詳しく分析と報告がありました。とくに稲葉市議の報告は今後の地元雇用のあり方についての提案もふくまれており、素晴らしいものでした。
 会場いっぱいの参加者は、大門議員の話に笑い、うなずき、最後の渡辺ゆかり衆院候補のまとめで、選挙に勝利して経済危機を打開しようと決意をかためあいました。
 
戻る▲
◆2009年2月22日(日)   北海道音更町「赤旗まつり」
 北海道の音更町で開催された第34回「赤旗まつり」に参加。まつりには町民のみなさんなど140人がつどい、衆院候補の渡辺ゆかりさんが紹介され、町長候補の寺山けんじさんが挨拶をしました。大門議員は自民党政治のゆきづまりと経済路線の関係を簡潔に報告、日本共産党の躍進を訴えました。
戻る▲
◆2009年2月15日(日)   茨城革新懇で今宮謙二先生と
 茨城県土浦市で開催された茨城革新懇のシンポジウム「カジノ資本主義をどうみるか」で、金融問題の第一人者、中央大学名誉教授の今宮謙二先生とご一緒しました。今宮先生は大門議員にとって金融問題の教えをいただいた大御所です。元気で鋭敏な今宮先生のお話は参加者にも好評でした。
 お城の写真は、亀城(きじょう)との異名を持つ土浦城。室町時代に築かれ、江戸時代に段階的に増改築され復元された茨城県の指定史跡です。

戻る▲
◆2009年2月14日(土)   福島県女性学習交流集会
 福島県郡山市で開催された女性学習交流集会で経済、金融問題を講演。今回30回目を迎える集会は会場いっぱいの過去最高の参加者となりました。
 バレンタインデーということもあり、チョコレートが飛び交いましたが、学習にはいると熱心にメモをとる方が多く、県委員会からの行動提起に応え、何としても政治を変えようという女性パワーがみなぎりました。女性の強さとやさしさの両方を感じられた素晴らしい集会でした。
戻る▲
◆2009年2月11日(水)   神奈川県の建設労働者集会で講演
 神奈川県で開催された建設関係の党員集会で、大門議員は、政治経済の情勢と日本共産党の役割について講演しました。会場はあふれんばかりの参加者で文字通り熱気が充満、衆院総選挙における南関東ブロックでの前進のために日本共産党を大きくしようと誓い合いました。
戻る▲
◆2009年2月7日(土)   秋田北部集会、経済くらしを語る
 秋田北部の日本共産党など実行委員会が開催した講演会で、経済や金融、暮らしの問題について語りました。加賀屋ちづ子市議が活動する中心地域である土崎の会場は、寒風の中、82人の参加で会場はいっぱいになりました。
 秋田のみなさんは大変学習熱心で、大門議員は何ヶ月かに一度は集会などに招かれます。
 写真は講演の前に足を伸ばして訪問した男鹿市の駅構内に飾られていたなまはげです。
戻る▲
◆2009年2月3日(水)   消費者庁シンポで大門議員が発言
 東京弁護士会など東京の三弁護士会主催の「地方消費者行政と国の消費者行政のあり方」についての消費者庁シンポジウムが開かれました。
 パネリストとして出席した大門議員は「今国会で形(法律)にするために、野党の意見もよく聞いていいものをつくるという立場で、どこが一致できるのかというスタンスでやっていくべきだ」と指摘し、地方消費者行政が削られてきたのかという根本にもメスを入れ「予算や人員を拡充・処遇改善することが大事だ」と発言しました。
戻る▲