● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2010年3月28日(日)   要求を前進させようー雪の舞う札幌市大通り公園で道民集会(3月28日、札幌市)
 3月28日、雪の舞う札幌市大通り公園で道民集会が開かれ、全道から6千人が集まりました。日本共産党からは大門実紀史議員、はたやま和也参院選挙区候補らが参加しました。「集会宣言」を採択した参加者は、会場から中島公園までデモ行進しました。
戻る▲
◆2010年3月27日(土)   参院選勝利へー日本共産党を前進させよう(埼玉県東松山市)
 日本共産党埼玉県委員会、同西武地区委員会は3月27日、東松山市の市民文化センターで演説会を開きました。大門議員は、国会で政治を前に動かす役割を果たしている日本共産党の活躍を紹介し、共産党国会議員団を大きくしてくださいと呼びかけました。笠井亮衆院議員、伊藤岳参院埼玉選挙区候補も、日本共産党の前進を訴えました。
戻る▲
◆2010年3月26日(金)   労働者守る党を大きくーさいたま市3支部建設労働者後援会集会(さいたま市)
 日本共産党さいたま市3支部建設労働者後援会は3月26日、参院選勝利をめざす決起集会をさいたま市内で開きました。来春選挙のさいたま市議選候補の紹介に続き、大門みきし参院議員が講演しました。
 大門議員は、国民に背を向ける民主党政権を批判し、「国民の運動と日本共産党の奮闘があってこそ政治は前に進む。参院選で勝利し政治をつくり変えよう」と訴えました。
戻る▲
◆2010年3月22日(月)   農業と一体の平地林・屋敷林がなくなる「三富新田」調査(埼玉県三芳町)
 大門実紀史議員は3月22日、高額な相続税や固定資産税負担で農地と一体となった平地林・屋敷林が切り売りされ乱開発が問題となっている埼玉県三芳町の「三富(さんとめ)新田」の現地調査をしました。この一体は300年前元禄時代から、農家の人たちは熊手(くまで)では平地林の落ち葉をかき集め堆肥として利用するなど、畑と平地林を有機的に結びつけた循環型農業の典型的な土地です。こうした貴重な地域も、都市農業施策の弱さで、一体が切り売りされ、産廃処理施設が乱立しています。
 吉村美津子三芳町議員の案内で、農地やまだ残っている平地林を調査しました。
戻る▲
◆2010年3月22日(月)   埼玉県生活と健康を守る会連合会の学習集会で講演
 大門実紀史議員は3月22日、さいたま市内で開かれた埼玉県生活と健康を守る会連合会(埼生連)の学習決起集会で「新政権 国の予算と私たちのくらし」と題して講演しました。参加者からの質問にエピソードを交えて答えるながら、「生存権を守るルールは国民の闘いがあってこそ前進する。国政を変えるために参院選で日本共産党を伸ばしてほしい」と訴えました。
戻る▲
◆2010年3月20日(土)   国民の願い実現する政治をー共産党を大きく。(群馬県桐生市)
 3月20日群馬県桐生市で、日本共産党の市田忠義書記局長を迎えての演説会が開かれ、大門実紀史議員も訴えました。たなはしせつ子参院群馬選挙区候補も訴えました。
 大門議員は、国会での追及で日本郵政の契約社員10万人を正社員化や中小企業の「不良債権」という呼称を改めさせた実績を話し、「政治を前に動かす共産党国会議員団をさらに大きくしよう」と呼びかけました。

 
戻る▲
◆2010年3月14日(日)   「参院選で日本共産党を伸ばそう」−演説会で訴える(秋田県大仙市)
 大門実紀史議員は3月14日、秋田県大仙市の日本共産党演説会で、参院選での日本共産党の躍進を訴えました。高橋ちづ子衆院議員が演説、藤田和久参院秋田選挙区候補が必勝の決意を表明しました。
 大門議員は、国会で日本郵政で働く非正規雇用労働者の正社員化問題を取り上げて追及し、担当大臣が「おっしゃる通りにいたします」と答弁したこと報告し、ルールある経済社会をめざす日本共産党の考えをわかりやすく話しました。
戻る▲
◆2010年3月13日(土)   働く者の味方ー共産党の主張・活動に共感(北海道士別市)
 大門議員は3月13日、北海道士別市の演説会で、はたやま和也参院北海道選挙区候補者とともに、7月の参院選と4月の士別市議選の必勝を訴えました。大門議員は、労働者派遣法改正をめぐる国会状況を紹介し、日本共産党躍進の意義を訴えました。市議選に立候補する斉藤昇、小池裕美両現職候補が、必勝の決意を語りました。
 
戻る▲
◆2010年3月9日(火)   地域職業訓練センター廃止問題で岩手県調査
 民主党政権は国の地域職業訓練センターとコンピューターカレッジを廃止すると突然、昨年12月に決めました。全国各県の自治体から存続を求める声があがっています。大門議員は岩手県、奥州市と北上市にあるセンターとカレッジに鈴木・北上市議とともに調査に入りました。北上市では伊藤市長とも懇談。市長は大門議員に存続のために奮闘してほしいと熱く語りました。この問題は3月12日の参院予算委員会で大門議員が取り上げます。
戻る▲
◆2010年3月7日(日)   福島の青年と交流(郡山市)
 大門議員は3月7日、志位委員長を迎えての共産党大演説会終了後、「大門議員を囲む青年ミニ集会」に参加しました。いわぶち友参院福島選挙区予定候補も参加しました。大門議員は、青年からの質問に答えながら、来るべき参議院議員選挙で共産党が躍進することの重要性を語りました。
戻る▲
◆2010年3月7日(日)   参院選で必ず勝利を勝ち取ろうー志位委員長を迎えての演説会であいさつ(郡山市)
 大門議員は3月7日、福島県郡山市でおこなわれた志位委員長を迎えての大演説会に参加し挨拶をおこないました。
戻る▲
◆2010年3月5日(金)   JA茨城県中央会との懇談会に出席(水戸市)
 大門議員は3月5日、志位和夫日本共産党委員長とともにJA茨城県中央会との水戸市内での懇談会に出席しました。JA茨城県中央会からは成田治彦中央会参事役ら役員多数、共産党からは、田谷武夫県委員長、稲葉のぶとし参院茨城選挙区候補・県書記長、地方議員・候補者が同席しました。
戻る▲
◆2010年3月5日(金)   参院選勝利へー志位委員長むかえての水戸・演説会で決意表明
 大門議員は3月5日、志位和夫日本共産党委員長をむかえての茨城県水戸市での演説会で、参院選必勝の決意を語りました。大門議員は、「今国会の最大の焦点は労働者派遣法の抜け道のない改正を実現することだ」と、引き続き国会の内外で全力をあげる決意を示し、大きな拍手を受けました。
戻る▲