● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2010年8月29日(日)   秋田の党創立記念集会に180人が参加
秋田県で党創立88周年記念集会がひらかれました。記念集会には180人の参加者が集まり、来春の県議選挙、いっせい地方選挙の候補者が紹介されました。その後、大門実紀史議員の記念講演がおこなわれました。

戻る▲
◆2010年8月26日(木)   岩沼市で党創立88周年記念講演会で講演
 宮城県仙南地区委員会は、岩沼市民会館で党創立88周年記念講演会を開きました。大門議員が記念講演を行いました。一斉地方選挙、中間選挙の候補者が紹介されました。
戻る▲
◆2010年8月24日(火)   秋田・羽後町議のみなさんと、農業経営・食の安全について懇談
大門実紀史議員は、8月24日(火)、秋田・羽後町議会の議員代表4名から、「農業経営の確立と食の安全に関する意見書」を受け取り、懇談しました。
戻る▲
◆2010年8月7日(土)   多賀城市市議補選(定数1)応援、一騎打ち制して見事当選(8月7日、宮城県多賀城市)
 8月7日(土)大門実紀史議員は、炎天下のなか宮城県多賀城市市議選(定数1)を応援、保守系元議員との一騎打ちでたたかっている戸津川はるみ候補への支持を訴えました。戸津川候補は71票差で保守系元議員を破り当選し、3年前に亡くなった故伊藤功一郎市議の議席を回復しました。
戻る▲
◆2010年8月4日(水)   党宮城県委・党創立記念講演会ビデオ上映会であいさつ(8月4日、仙台市)
 日本共産党宮城県委員会は8月4日、仙台市内で党創立88周年記念講演会ビデオ上映会開き130人が参加しました。大門実紀史議員も駆けつけて、あいさつしました。大門議員は、国会が始まり戦いは始まっていると述べ、「憲法9条を守り、消費税に反対し国民本位の経済にするのは日本共産党しかない。確信をもって国民の皆さんに訴えていこう」と呼びかけました。
戻る▲
◆2010年8月3日(火)   全国保険医団体連合会代表と医療を支える税制の存続を要望
  大門議員は全国保険医団体連合会の代表と共に、@社会保険診療報酬に対する事業税の非課税措置の存続、A社会保険診療報酬の所得計算の特例措置、いわゆる「4段階税制」の存続を求め、財務省主税局の担当者に要請を行いました。これらは租税特別措置法見直しの中で存廃を含め再検討されることになっています。保団連と大門議員は、困難な医療経営を支え、税の記帳の実務負担軽減の面からも意義のある現行制度の維持を要望しました。
戻る▲