● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2010年9月29日(水)   日弁連の司法修習生への給費制度存続を求める集会であいさつ(9月29日)
 大門実紀史参議院議員は9月29日、国会内でおこなわれた日本弁護士連合会主催の「司法修習生に対する給費制存続を求める50万署名提出集会」に参加し、あいさつをしました。
 大門議員は、「この問題について、私は参議院法務委員会で質問にたち、反対討論をおこないました。給費制度は法曹養成の根幹をなすものです。今後も給費制度を存続させるために、日本共産党議員団は全力を尽くします」とのべました。
戻る▲
◆2010年9月26日(日)   注目の衆院北海道5区演説会で必勝を訴える(9月26日、千歳市)
 大門実紀史議員は9月26日、北海道千歳市で開かれた日本共産党宮内さとし衆院北海道5区候補者勝利の演説会で、「日本の政治方向にかかわる大事な選挙、宮内さんの勝利で、日本共産党の存在を示しましょう」と訴えました。
戻る▲
◆2010年9月26日(日)   第10回日本共産党白石厚別ふれあい祭りであいさつ・交流(9月26日、札幌市)
 大門実紀史議員は9月26日(日)、札幌市厚別区・厚別ふれあい広場で開催された「第10回日本共産党白石厚別ふれあい祭り」に参加あいさつし、参加者と親しく交流しました。
戻る▲
◆2010年9月24日(金)   東北・北海道新幹線区間の並行在来線に関するレクに出席(9月24日、国会)
 9月24日大門実紀史議員は、東北・北海道新幹線区間の並行在来線に関するレク(国会内)に出席し、国土交通省の説明を聞きました。紙智子参院議員、高橋千鶴子衆院議員も出席しました。
戻る▲
◆2010年9月23日(木)   衆院北海道5区での必勝を訴える(9月23日、石狩市)
 「深刻な雇用問題を解決するために、全力を尽くします」ー衆院北海道5区の補欠選挙を戦う日本共産党の宮内さとし候補は9月23日の石狩市の演説会で決意を語りました。応援に駆け付けた大門実紀史参院議員は、「日本の政治を動かす注目の選挙です。大企業やアメリカいいなりの政治を変えるために、日本共産党を躍進させてください」と訴えました。
戻る▲
◆2010年9月18日(土)   福島県青年学生党員学習交流合宿で綱領を語る(9月18日、福島県猪苗代湖)
 大門実紀史議員は9月18日、福島県猪苗代湖で開催された福島県青年学生党員学習交流合宿で、日本経済、雇用、平和、民主党政権、国会論戦など様々なテーマを紹介しながら、日本共産党綱領をわかりやすく青年に語りかけました。
戻る▲
◆2010年9月18日(土)   埼労連第22回定期大会であいさつ(9月18日、さいたま市)
 大門実紀史議員は9月18日、さいたま市で開かれた埼玉県労働組合連合会(埼労連)第22回定期大会であいさつしました。
戻る▲
◆2010年9月16日(木)   司法修習生の給費制存続、派遣法抜本改正要求請願を受ける(9月16日、国会)
 9月16日、雨の中で二つの国会請願デモが行われ、大門実紀史議員は参加者を激励しました。一つは、司法修習生の給付制存続を求める請願(主催・日本弁護士連合会等)、もう一つは、派遣法抜本改正などを要求する請願(主催・全日本金属情報機器労働組合)です。
戻る▲
◆2010年9月12日(日)   「東区・元気まつり」、「青空フェスタ」で講演(9月12日、札幌市東区、手稲区)
 大門実紀史参院議員は9月12日、札幌市の「東区・元気まつり」と「青空フェスタ」(手稲区)でそれぞれ講演しました。
戻る▲
◆2010年9月11日(土)   日本共産党の景気・雇用・財政再建政策を縦横に語る(9月11日、鶴岡市、山形市)
 9月11日、大門実紀史参院議員を迎えて山形県鶴岡市、山形市で講演会「どうする景気・雇用、財政再建と安全保障」が開催されました。両演説会場とも参加者はそれぞれ230人を超え、わかりやすい話に会場からは、拍手と笑いが絶えませんでした。参加者からは、「円高と金利の関係など大変よくわかりました」「相変わらず大門さんのお話は、面白くてわかりやすく、本当に演説会に参加してよかった」「消費税や財政問題も、今日話を聞いてよくわかりました」などの感想が寄せられました。
戻る▲