● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2011年9月28日(水)   日本共産党埼玉県委員会から原発撤退署名受けとる
日本共産党埼玉県委員会が9月28日、「原発からの撤退を求める署名」1万2920人分を国会に届けました。大門実紀史議員が参加し、署名を受けとるとともに、国会情勢を報告し「消費税増税やTPP推進のたくらみを阻止することとあわせて運動を強めましょう」と呼びかけました。
戻る▲
◆2011年9月25日(日)   釧路青空祭りに参加
 晴天のなか開催された日本共産党後援会主催の釧路「青空まつり」に参加しました。まつりでは、まじかにせまった釧路町町議選の候補者、佐藤昭平さん中田おさむさんから決意表明(佐々木りょう子さんはご不幸があり不参加)。大門議員は情勢報告をおこないました。また餅つきや玉入れ合戦など楽しい出し物がつづき、なごやかに交流を深めた一日となりました。
戻る▲
◆2011年9月23日(金)   山形県「税と社会保障、TPP」学習会で講演
 大門議員は、山形県内の国民大運動実行委員会主催で開催された学習会で、野田新内閣の性格、大連立の目的、さらに被災地支援、消費税増税、TPP問題、原発ゼロへむけた課題など多岐にわたって語りました。
 会場からたくさんの質問も出され、大門議員はていねいに答えました。
戻る▲
◆2011年9月23日(金)   山形県天童市議選応戦
 激戦の天童市議選を応援。大門議員は石垣昭一さん、伊藤和子さんの2議席必ず確保してほしいと力強くうったえました。
 こどもの医療費無料化や市民病院のたてかえなど、市民の方々と力をあわせて実現してきたお二人のがんばりと国保料引き下げなどの政策がどこまで浸透するかが勝負。
 結果はお二人とも当選!安堵しました。
戻る▲
◆2011年9月8日(木)   二重債務問題・福島及び宮城調査E
 大門議員は、横田有史、遠藤いく子宮城県議会議員と共に、二重債務問題について、宮城県庁(写真左)、七十七銀行(写真右)、宮城県再生支援協議会を訪問し、二重債務問題の解決と債権買取機構の早期設立に向け懇談しました。佐々木憲昭衆議院議員の村高芳樹秘書も同行しました。
戻る▲
◆2011年9月7日(水)   二重債務問題・福島及び宮城調査D
 大門議員は、寺沢亜志也党政策委員会事務局長、秋山善治郎気仙沼市議会議員と共に、気仙沼市の水産業被災対策会議を訪問し、気仙沼漁業協同組合の佐藤亮輔組合長らから要望を聞き、二重債務問題などについて懇談しました。石巻商工会議所の中小企業相談所長も参加しました(写真左)。
 その後、気仙沼民商を訪問し、二重債務問題などについて、千葉事務局長らと懇談しました(写真右)。
 佐々木憲昭衆議院議員の村高芳樹秘書も同行しました。
戻る▲
◆2011年9月7日(水)   二重債務問題・福島及び宮城調査C
 大門議員は、寺沢亜志也党政策委員会事務局長と共に石巻信金(写真左)、気仙沼信金(写真右)を訪問し二重債務問題で活発な意見交換を行いました。石巻信金では吉田専務理事、気仙沼信金では菅原理事長が応対しました。石巻信金には三浦一敏石巻市議団長、気仙沼信金には秋山善治郎気仙沼市議会議員が同行。佐々木憲昭衆議院議員の村高芳樹秘書も出席しました。
戻る▲
◆2011年9月7日(木)   二重債務問題・福島及び宮城調査B
 大門議員は、横田有史宮城県議会議員、三浦一敏石巻市議団長と共に、石巻市内の県営住宅を視察。石巻市が不当な罹災判定をしている問題で、住民から実情を聞きました(写真左)。
 ついで、石巻市の水産関係者らでつくる水産復興会議に出席。120人の参加者に二重債務問題の現状と課題について報告し、質問に答えました。
 佐々木憲昭衆議院議員の村高芳樹秘書も参加しました。
戻る▲
◆2011年9月6日(水)   二重債務問題・福島及び宮城調査A
 大門議員は、寺沢亜志也党政策委員会事務局長、渡部寛一南相馬市議とともに、南相馬市役所、原町商工会議所(写真左)を訪問し懇談しました。原町商工会議所では松永雄一副会頭が出席し原発事故の深刻な影響について報告。二重債務問題や中小企業支援について、活発な意見交換を行いました。また、南相馬市の仮設事務所、仮設工場を視察し(写真右)、事務所に入った建設会社の従業員から実情を聞きました。
戻る▲
◆2011年9月6日(火)   二重債務問題・福島及び宮城調査
大門議員は、寺沢亜志也党政策委員会事務局長、神山悦子、宮川えみ子、藤川淑子3県議とともに、福島県庁(写真左)、東邦銀行(写真右)を訪問し懇談しました。
 福島県庁では、石井浩商工労働部政策監が出席し、債権買取機関となる産業復興機構について、準備状況について発言。大門議員は「買取機構は小零細企業も含めて広く救済するのが国会・政府の総意だ」と述べ、被災地復興のための買取機構の早期設立に向け、課題について意見交換をしました。
 また、東洋銀行では北村清士頭取らが応対。買取機構の課題について、活発な意見交換を行いました。
 懇談には、佐々木憲昭衆議院議員秘書の村高芳樹氏も同席しました。
 
戻る▲
◆2011年9月4日(日)   塩釜市議選・市長選、多賀城市議選で必勝を訴え
塩釜市議選・市長選、多賀城市議選が9月11日投票でたたかわれています。大門実紀史参議院議員は9月4日、塩釜、多賀城にかけつけ、終日、日本共産党候補の必勝を訴えました。
戻る▲