● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2011年12月26日(月)   塩釜市漁協と懇談、塩釜革新懇で講演
大門議員は、塩釜市漁業協同組合を横田県議、天下県議、塩釜市議団と訪問して鈴木久仁組合長と懇談しました。
 夜は、塩釜革新懇、多賀城懇話会主催の学習講演会で「TPP参加は亡国の道」と題して講演しました。
戻る▲
◆2011年12月23日(金)   群馬県日本共産党後援会総会で記念講演
12月23日(金)、2011年・群馬県日本共産党後援会総会が開かれました。大門実紀史議員が記念講演を行い、次期国政選挙の勝利、草の根の後援会づくりに全力をあげようと確認されました。
戻る▲
◆2011年12月19日(月)   二重ローン問題で宮古信金、商工会議所、民商等と懇談(19日)
 大門議員は、岩手県産業復興機構が設立して、買取案件が1件だけしかない事態を調査するため宮古市で、宮古信金、商工会議所、宮古市産業支援センターから実情を聞きました。
 また、夜には宮古民商で、二重ローン解消で銀行交渉している業者の方々と懇談をしました。グループ補助金が内示された業者に対し、自己負担分の4分1の「つなぎ資金」を融資するとして、旧債務をまとめて借換融資に1本化するなど、銀行が二重ローン解消対策に消極的な事態が起きていることがわかりました。大門議員は、中小企業庁や金融庁に、「二重ローン解消対策」がきちんと実行されるよう要請すると、約束しました。午前中は、大船渡市で民商、気仙地区の党議員団と懇談しました。
戻る▲
◆2011年12月18日(日)   気仙沼民商「来年にもがんばろうの会」で講演(18日)
 大門議員は、震災復旧復興・TPP・消費税増税で日本はどうなるのか、どうするのかについて講演しました。とくに気仙沼民商の会員を中心にした「気仙沼地区住環境復旧復興支援プロジェクト」がグループ補助金の対象になったことは、地元業者が主体になって、気仙沼の復旧復興を担うことにつながる大成果であると激励しました。二重ローン解決策の産業復興相談センターを活用して、業者や地域の再生・再建をしていこうと訴えました。
戻る▲
◆2011年12月17日(土)   「なくせ!原発12・17桐生地区学習会」で講演
12月17日(土)、群馬県の桐生地区大運動実行委員会が「なくせ原発!」学習会を行いました。大門実紀史議員が講演を行い、東電の賠償問題、放射能除染、国会論戦の成果などを紹介しました。また、参加者からの質問へもていねいに答えました。
戻る▲
◆2011年12月14日(水)   建設国保の予算確保を―全建総連幹部と藤田財務副大臣に要請
 建設国保の2012年度予算の確保のため、大門議員など国会議員団は、巻田幸正委員長ら全建総連幹部とともに、厚生労働省、財務省に要請を行いました。穀田恵二衆議院議員、井上哲士参議院議員、田村智子参議院議員、志位和夫衆議院議員秘書が参加しました。財務省では藤田幸久財務副大臣が応対しました。
戻る▲
◆2011年12月11日(日)   札幌西区・手稲区革新懇総会で講演(12月11日)
札幌西区・手稲区革新懇が12月11日定期総会を開き、大門実紀史議員が講演をおこないました。講演のテーマは「みんなで考えよう! どうする財源問題〜激動の政治情勢と消費税問題」で、73人が聞き入りました。
講演の中で大門議員は、野田内閣の本質や日本共産党の示す財源論、この間の国会論戦を紹介。また、岩手、宮城、福島の県議選挙で日本共産党が躍進したことを述べ、「一緒に動く姿を見せることで、保守の人も変わる。(革新的潮流が)選挙で勝てる」と強調しました。
戻る▲
◆2011年12月10日(土)   「庶民増税なしで社会保障の充実を」青森で消費税学習会(12月10日)
青森市内で12月10日、消費税廃止青森県各界連と消費税をなくす青森県の会が大門実紀史議員を講師に迎え、消費税問題学習会を開きました。
大門議員は、野田政権の本質や「消費税と社会保障の一体改悪」などの問題についてずばり解明し、社会保障の財源は「支払い能力に応じた負担」が原則だと強調しました。また、共産党の示す財源論を詳しく説明し、「共同を広げながら、消費税をつぶすためにたたかっていきましょう」と呼びかけました。
戻る▲
◆2011年12月8日(木)   「軍事費削って、くらしと福祉・教育の充実を」大運動実行委が財相に要請
 「軍事費を削って、くらしと福祉・教育の充実を」国民大運動実行委員会代表世話人が、大門議員、佐々木憲昭衆議院議員とともに財務省内で、安住淳財務大臣に要請をしました。消費税や大企業・大資産家優遇税制の是正などとともに、被災地の除染、雇用失業問題、子育て支援、奨学金問題等様々な国民要求をとりあげ、財相に要請しました。要請には、大黒作治全労連議長、国分稔全商連会長、笠井貴美代新日本婦人の会会長などが参加しました。
戻る▲