● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2012年1月28日(土)   旭川で「税と社会保障の一体改革を斬る」学習会
1月28日(土)、日本共産党旭川地区委員会が「税と社会保障の一体改革を斬る!――国政学習会」を行いました。大門実紀史議員が講師をつとめ、野田内閣がすすめようとしている「税と社会保障の一体改悪」の問題点、社会保障の財源をどうするか、税金はどのように負担すべきか、などについて解説しました。
戻る▲
◆2012年1月26日(木)   原発被害、賠償金すべて非課税に 全中連の財務省要請に同席(1月26日)
1月26日、全国中小業者団体連絡会が財務省に対し、原発被害の賠償金はすべて非課税所得として取り扱うことなど4項目を要請しました。
鎌田保・全商連副会長、紺野重秋・福島県商工団体連合会副会長らが三谷光男財務政務官に要請。大門実紀史議員が高橋ちづ子衆院議員とともに同席しました。
福商連の佐藤松則事務局長は「事故収束のめども立たないなかで、こんな対応はおかしい。多くの業者が地元に戻って仕事を再開することもできず、賠償金に課税すべきではない」と訴え、確定申告が目前に迫るなか早急な対応を求めました。三谷政務官は「最大限の配慮をしたい」と述べました。
大門議員は、口蹄疫や水俣病の救済策の前例があり、政府が政治判断で非課税とするべきだと指摘しました。
戻る▲
◆2012年1月26日(木)   「増税反対・仕事よこせ、中小業者決起大会」のデモ隊を激励(1月26日)
 大門実紀史議員は、全国中小業者団体連絡会(全中連)の「消費税増税阻止! TPP参加反対! 脱原発・復興へがんばろう!」の1.26中小業者決起大会の国会要請デモを激励しました。参加者から「消費税増税を阻止して」、業者婦人から「大門さん所得税法56条をかならず廃止して」との激励を含めた要請が寄せられました。

戻る▲
◆2012年1月24日(火)   国民大運動実行委員会のデモを激励(1月24日)
1月24日、第180通常国会開会にあたって「軍事費を削って、くらしと福祉・教育の充実を」国民大運動実行委員会が国会請願デモを行いました。大門実紀史議員をはじめ日本共産党の全参院議員が出迎えてデモを激励。シュプレヒコールをあげてエールを交換しました。
戻る▲
◆2012年1月22日(日)   埼玉・吉川市議選 第一声で4候補を応援(1月22日)
埼玉県吉川市議選が22日に告示され(29日投票)、日本共産党の佐藤せいじ、遠藤よしのり、小林あき子、高野のぼるの現職4候補が立候補しました。
大門議員は第一声に駆けつけ、「税と社会保障の一体改悪」など国政の問題などを語り、「消費税増税ノーの声を日本共産党を押し上げ、はっきりと示そう」と訴えました。
戻る▲
◆2012年1月21日(土)   仙台市泉区革新懇総会で講演「原発ゼロ」に(1月21日)
1月21日、仙台市・泉区革新懇の定期総会で、「原発村の悲劇をなくそう」と題し、大門実紀史議員が講演をおこないました。大門議員は福島第一原発事故の概要を説明。国会質問のポイントや「終息宣言」の問題点など資料もしめしながら詳しく解説しました。会場からも質問や意見がよせられました。
戻る▲
◆2012年1月20日(金)   全国税労働組合「国税国会」で要請をうけ、懇談(1月20日)
1月20日、全国税労働組合が「国税国会」と銘打った国会要請行動を行いました。大門実紀史議員は佐々木憲昭衆院議員とともに参加し、税と社会保障の一体改革、組合員差別、処遇改善などについて要請を受け、懇談しました。また、国公労連「税制改革の提言 2012年版」について説明を受け、意見交換を行いました。
戻る▲
◆2012年1月19日(木)   救援、復興問題で被災3県の県議団と交流会議(1月19日仙台市)
 大門議員は、東日本大震災の被災地の現状と救援・復興をめざすたたかいの課題について話し合う「被災3県県議団交流会議」に出席しました。大門議員は、産業の復興策の要となる中小企業グループ補助金、二重ローン解消策の産業復興機構、再生支援機構の現状と活用の仕方について報告しました。
戻る▲
◆2012年1月17日(火)   北海道で「税と社会保障の一体改悪」学習会(1月17日)
1月17日、北海道の消費税廃止各界連絡会と社会保障推進協議会の共催で「社会保障と税の一体改悪に立ち向かう!」と題した学習会が開かれ、大門実紀史議員が講師をおこないました。
戻る▲
◆2012年1月14日(土)   青森・弘前で「日本の前途を語り合うつどい」(1月14日)
1月14日、日本共産党津軽地区委員会は大門実紀史議員を迎えて、「日本の前途を語り合うつどい」を開きました。120人を超す参加者で、会場のイスが不足するほどの盛況! 「元気がでた」という感想も多数を寄せられました。
大門議員は原発ゼロ、TPP交渉参加阻止、消費税と社会保障の一体改悪の三つの課題の問題点とたたかいの展望などを詳しく話しました。会場から政治への思いや質問が寄せられ、ていねいに答えました。
戻る▲
◆2012年1月12日(木)   埼玉土建旗開きに参加
 埼玉土建の新春旗開きに、塩川衆院議員、梅村早江子衆院比例予定候補と参加しました。フレッシュな梅村候補はどのテーブルに行っても人気。衆院選がんばれと、激励の声が寄せられました。
戻る▲
◆2012年1月12日(木)   グループ補助金問題で塩釜水産物仲卸市場等と懇談(12日塩釜市)
 グループ補助金、二重ローン解消対策問題で、塩釜水産物仲卸市場の今野雄一理事長、多賀城・七ケ浜商工会の安住正之会頭、塩釜商工会議所の加藤慶教専務理事と懇談しました。この懇談には、天下みゆき県会議員、中小企業庁の担当者、塩釜市議団、藤原多賀城市議団長が同行しました。
戻る▲
◆2012年1月5日(木)   北海道委員会「党旗びらき」であいさつ
日本共産党北海道委員会は1月5日夜、札幌市内で新年恒例の「党旗びらき」をおこないました。大門実紀史議員は紙智子議員とともに出席し、新春のあいさつをしました。
また、会場いっぱいに集まった参加者は、「北海道の衆院議席回復をめざそう」と畠山和也氏の必勝を誓いあいました。
戻る▲