● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2013年1月29日(火)   寒風の中、中小業者決起大会のデモ激励(1月29日)
1月29日、「消費税増税中止1.29全国中小業者決起大会」が日比谷公会堂で開かれ、その参加者が国会まで請願デモ行進をおこないました。大門実紀史議員は他の日本共産党参議院議員とともに議員面会所前でデモ激励に立ち、寒風吹きすさぶなか1時間ほどデモ参加者とともにシュプレヒコールをおこないエールを交換しました。
戻る▲
◆2013年1月26日(土)   岩手県久慈新春のつどい
 岩手県の二戸からバスで70分。久慈市で開催された日本共産党新春のつどいに大門議員は菊池幸夫参院選挙区予定候補とともに参加。大門議員は自公政権の復活で政治が危険な方向にすすんでいるが、消費税増税、原発温存、憲法改悪など国民の過半数が反対しており、審判は参院選挙で下すしかないと訴えました。
戻る▲
◆2013年1月19日(土)   釧路新春のつどいに参加
 大門議員は北海道釧路市で開催された日本共産党と後援会の新春のつどいに森つねと参院選挙区予定候補と一緒に参加しました。情勢報告のなかで大門議員は、自公政権の政治路線と国民要求との矛盾が爆発するのは時間も問題だとし、参院選での日本共産党の必勝を訴えました。第二部の余興ではは歌あり踊りあり、大喜利ありと、笑いの絶えない楽しいつどいとなりました。
戻る▲
◆2013年1月18日(金)   新婦人北海道本部「50周年記念レセプション」に出席(1月18日)
新日本婦人の会北海道本部が1月18日、札幌市内で創立50周年記念レセプションを開催し、大門実紀史議員が紙智子参院議員とともに出席しました。
戻る▲
◆2013年1月14日(月)   埼玉革新懇で講演
 大雪のなか、さいたま市浦和で開催された埼玉革新懇の新春のつどいで大門議員は、政治情勢と新自由主義、憲法、原発などの重要課題について講演。革新懇ふくめ国民運動と日本共産党のがんばりどきですと訴えました。参加者から「大門さんの話は面白くてわかりやすくて飽きない」と感想が寄せられました。
戻る▲
◆2013年1月12日(土)   北海道原発集会で情勢報告
 原発問題全道連絡会と国民運動北海道実行委員会は、札幌市内で「原発ゼロ大運動・意思統一会議」を開催しました。
 大門議員は、自公政権復活と原発問題のうごき課題について報告。ドイツの運動の経験にもふれながら、明るい展望を語りながら、原発ゼロへ前進しようとよびかけました。また参加者から、泊原発の地元からのたたかいやドイツ視察の報告もあり、原発ゼロ運動への意思統一をかためる会議となりました。
戻る▲
◆2013年1月10日(木)   埼玉土建旗開きで紙智子議員と共に懇談
さいたま市内で開催された埼玉土建の旗開きに紙智子参院議員、塩川てつや衆院議員、伊藤岳参院選挙区予定候補と共に参加。大門議員は紙議員と一緒に各テーブルを回り、土建の各支部役員の方々と懇談しました。「土建の要求実現のためにも、こんどの参院選は負けられないよ。共産党がんばれ」など激励の声がおおく聞かれました。
戻る▲
◆2013年1月9日(水)   賃上げでデフレ克服を!――道労連「旗びらき」であいさつ(1月9日)
大門実紀史議員は1月9日(水)、札幌市内でひらかれた北海道労働組合総連合(道労連)の「2013年新春旗びらき」に参加しました。大門議員は参加した120人の労働者らと交流し団結を深め合うとともに連帯のあいさつに立ち、「安倍内閣の誕生で一気に弱肉強食の危険な政治になってきました。デフレを克服し日本経済を良くするには、賃金引上げしかありません。ともにがんばりましょう」と呼びかけました。
戻る▲
◆2013年1月7日(月)   北海道委員会の「党旗びらき」であいさつ(1月7日)
日本共産党北海道委員会は1月7日(月)、札幌市内で新年恒例の「党旗びらき」を行いました。大門実紀史議員は紙智子議員とともに参加し、参加者とともに衆院選の労をねぎらうとともに、夏の参議院選挙での必勝を誓いあいました。
戻る▲