● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2013年8月28日(水)   根室市議選応援
定数2減、一人はみ出しの根室市議選を応援。神ただし、橋下りょういち、鈴木かずひこの各候補とともに、市内を遊説しました。根室は国境の町、北方領土問題の未解決が漁業も地域経済も落ち込ませてきました。各候補は、医療、介護、教育など具体的な政策も訴えながら、必勝のお願いに駆け回りました。
戻る▲
◆2013年8月24日(日)   アベノミクスをぶった斬れ、青森経済講演会(青森市)
青森消費税廃止各界連絡会、なくす会の共同主催で行われた経済講演会で大門議員は、アベノミクスの経済政策全体の危険性を指摘。
消費税増税論との関係にもふれました。参加者の方から、国の予算の使い方、原発問題など質問も寄せられました。
外はぬけるような青い空。津軽海峡も対岸の北海道まで見渡せました。
戻る▲
◆2013年8月23日(金)   宮城県塩釜市水産加工業調査
今日は被災地、宮城県塩竈市の水産加工業を調査しました。天下みゆき県議、塩釜市議団も一緒です。
復興道半ばなのに、アベノミクスによる円安で原材料費が上がり大変な状況に。国会が開会されるまで待てない。各省に直接交渉することにしました。
お話を伺ったなかで気になったのが大手スーパー・イオンの動き。
イオンはダイエーも傘下に入れ、PB(プライベートブランド)を展開中。何でもイオンブランドで販売する戦略です。
被災沿岸部ではかまぼこなどの水産加工業が重要な産業ですが、現在、復興途中。にもかかわらず、イオンは今がチャンスとばかりに、自社ブランドの超安価のかまぼこなど練り製品を被災地にまで販売し始めています。
イオンに問いたい、自由競争といえば、何でも許されるのか。大手資本にモラルはないのか。
戻る▲
◆2013年8月8日(木)   仙台市長選応援
現職市長と一騎打ちでたたかう「みんなの会」角野達也市長候補を応援するため仙台入り。被災者への医療介護の負担の減免制度の復活や国にたいしてはっきりモノがいえる市長を誕生させようと訴えました。一緒に訴えたのは高見のり子、庄司あかり市議会議員です。
戻る▲