● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2015年11月26日(木)   京都経済調査~日銀京都支店など各金融機関と懇談③
京都信金と懇談
大門議員、倉林議員は、小倉純常務理事(審査部、管理部、事業共同部)、森正事業共同部長、中村宗和・経営企画部長と懇談しました。  
戻る▲
◆2015年11月26日(木)   京都経済調査~日銀京都支店など各金融機関と懇談②
京都銀行内
 京都銀行の仲常務取締役、阿南常務取締役、岩橋取締役融資審査部長、西村執行役員営業支援部長などと懇談。写真は左から、大門議員、倉林議員、蔵田共子京都市会議員。(蔵田議員は、日銀京都市店以外の京都銀行、京都信金との懇談に参加)。懇談の冒頭、豊部代表取締役専務とあいさつしました。
戻る▲
◆2015年11月26日(木)   京都経済調査~日銀京都支店など各金融機関と懇談
日銀京都支店内
 大門実紀史参議院議員、倉林明子参議院議員(京都選出)は11月26日、京都の金融・経済の実態調査のため、日本銀行京都支店、京都銀行、京都信用金庫を訪問し、各金融機関の幹部・担当者と懇談しました。京都製造業や伝統産業、観光などの経済状況、金融円滑化法後の中小企業金融、小規模企業の実態などをめぐって活発な議論をしました。坪井修・日本共産党京都府委員会中小企業部長、林信一郎・近畿ブロック事務所副所長、河合秀和・京都国政事務所長らが参加しました。
 日銀京都支店では、大川昌男支店長、主藤和巳支店営業課長と懇談しました。

   
戻る▲
◆2015年11月24日(火)   埼玉土建前委員長・鈴木稔さん励ますつどい
埼玉新都心のホテルで開催された埼玉土建前委員長、全建総連前副委員長の鈴木稔さんの励ますつどいで大門議員が激励のあいさつ。東京土建時代から議員の今日まで鈴木さんに大変お世話になったことに感謝。また鈴木さんの日本共産党員としてのスジの通った生き方、演説のうまさをユーモアたっぷりに紹介しました。鈴木稔さん、長いあいだ本当にご苦労様でした。ありがとうございました。
戻る▲
◆2015年11月23日(月)   神戸市垂水区・須磨区で演説。笑声絶えず

 大門みきし参院議員は23日、神戸市垂水区、同須磨区の演説会で訴えました。両区の屋内演説会は初めて。ユーモア溢れた話に会場から笑い声が聞こえ、良く分かったと笑顔での感想が次々と寄せられました。

戻る▲
◆2015年11月22日(日)   初めて南光町で訴え
 大門みきし参院議員は22日、初めて兵庫県佐用町を訪れ南光文化センターで開かれた演説会で、会場いっぱいの120人の参加者に話しました。南光町は共産党員・山田謙三さんが25年間町長を務めた町。山田さんは「町長をやって一番大切だと思ったのは憲法。憲法を生かす政治こそ必要」とのべました。大門議員は「戦争法という法律だけで戦争はできない。戦争する国を支える経済が必要。軍事費をひねり出すには消費税増税、社会保障切り捨てしかない。暮らしを破壊する戦争法は一刻も早くなくそう」と強調しました。金田峰生・参院兵庫選挙区予定候補も訴えました。
戻る▲
◆2015年11月19日(木)   医団連の要請「診療報酬のプラス改定を求めます」を受け、財務省交渉
19日、大門みきし参院議員は医療団体連絡会(医団連)の「診療報酬のプラス改定を求めます」の要望を受け、財務省交渉をしました。大門議員は10月の財政審は「一定程度のマイナス改定が必要」と提言しているが、なぜマイナスなのかを具体的に説明せよと指摘。これに対し財務省の主計局可部次長は、「医師の収入も平均すると約1200万円といわれて、高止まりしていることも要因のひとつ」と説明するものの、要請に参加した全国保団連、日本医労連、新医協などの代表は医師・看護師などの実態とはかけ離れていることと、医療の質を担保するためにも診療報酬のプラス改定を訴えました。
戻る▲
◆2015年11月15日(日)   京建労創立65周年フアミリーフェスタであいさつ
 15日京都府福知山市で、京建労創立65周年ファミリーフェスタが開催されました。大門みきし議員は、全体集会で大河原としたか参議院京都選挙区予定候補、本田久美子京都市長予定候補と共に連帯のあいさつをしました。大門議員は京建労の各支部から出店された盛りだくさんの企画で、組合員と家族が楽しくつどうイベントに参加し、激励をうけました。
戻る▲
◆2015年11月15日(日)   低所得者対策いうなら増税やめよ
 大門みきし参院議員は15日、京都・舞鶴市で開かれた演説会で消費税を10%に引き上げる際の軽減税率実施に関わる自公の協議を批判しました。演説会では小池晃党副委員長が講演、大河原としたか京都選挙区予定候補があいさつしました。

戻る▲
◆2015年11月14日(土)   大きな党を 兵庫・但馬、丹波で訴え
 大門みきし参院議員は14日、兵庫県豊岡市、丹波市での演説会に参加。戦争法廃止の政府、アベノミクス、消費税増税と軽減税率などについて縦横に語りました。雨にもかかわらず会場はいっぱい。大門議員のユーモアを交えた演説をに大いにわきました。大門議員は「いま共産党がどうしても大きくならなければならない。日本共産党に入ってともにたたかおう」と熱く訴えました。


戻る▲
◆2015年11月12日(木)   消費税10%増税中止を 京都・中京で講演
 大門みきし参院議員は12日夜、「ストップ!消費税・中京の会」の学習会で講演。▽「戦争する国づくり」と経済▽日本経済の現状と安倍内閣の経済政策▽消費税をめぐる安倍自公政権の混乱の柱で話しました。戦争する国づくりのうえで、それを支える経済社会づくりがすすめられること、「国民連合政府」は経済面でも新しい日本の地平を開く「希望の提案」であることを強調しました。学習会は予定を超える参加者で会場いっぱいでした。
戻る▲
◆2015年11月12日(木)   奈良公園の開発計画を調査
 大門みきし参院議員は12日、奈良県が名勝・奈良公園内で計画しているバスターミナルの名の大型複合施設、旧裁判所跡地のホテル計画について党県議団とともに計画の担当者から聞き取り、現地調査しました。県庁の東隣の施設は渋滞対策が名目ですが、地上3階、地下1階の飲食、物品販売販売施設です。景観への影響が危惧されています。問題点を知らせ、運動を広げようと話し合いました。

戻る▲
◆2015年11月8日(日)   和歌山赤旗まつり
?大門みきし参議院議員は8日、和歌山市片男波公園で開催された「第20回和歌山赤旗まつり」に参加しました。朝から雨が降る中、1500人が参加。坂口多美子参議院選挙区予定候補と共に地域や団体後援会の模擬店を訪問。参加者一人一人と握手しました。中央舞台では、小池晃副委員長が記念講演。大門みきしさん、坂口多美子さんが決意表明。参加者は土砂降りの雨の中で聞き入り、かけ声も飛ぶ元気な集会でした。
 
戻る▲
◆2015年11月7日(土)   奈良赤旗まつり
7日は奈良県の赤旗まつりが開かれ、こくた恵二国対委員長が記念講演。大門みきし参院議員があいさつをしました。
戻る▲
◆2015年11月1日(日)   京都市長選応援
大門みきし参院議員は1日、京都市長選に立候補を予定している本田久美子さんの応援の訴えを左京区百万遍で行いました。戦争法廃止の政府について「カギは世論と運動。本田さんが勝てば全国に計り知れない影響を与える」とのべました。


戻る▲