● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2016年4月30日(土)   絵本作家 長谷川義史さんと対談
『女性のひろば』の企画で絵本作家の長谷川義史さんと対談。絵本作家になった経緯や大門さんが絵本を収集するきっかけになった絵本『エリカ』など、絵本が勇気・生きる力を与えることなど話が弾み、原発、戦争法、アベノミクス、野党共闘に広がりました。長谷川さんは「身を切って野党共闘に踏み出した日本共産党に敬意。安倍政権を打倒するために頑張ってください」と激励しました。

戻る▲
◆2016年4月29日(金)   京都まつりに参加
参院選に向け、日本共産党の躍進をめざす「京都まつり」が開催され14000人が参加しました。大門みきし参議院議員は、中央集会などで訴え。ユーモアを交えて闘病経過を報告。、タックスヘイブン問題での国会質問にふれ、「大金持ちや大企業の税逃れは許し、消費税増税を認める訳にはいかない。経済論戦の先頭に立って頑張る」と決意を表明しました。会場を歩くと、「よかったね」「体に気を付けて」と握手攻めにあいました。
戻る▲
◆2016年4月24日(日)   近畿での予定候補活動に復帰 和歌山、滋賀で訴え
滋賀演説会そろいぶみ
 近畿での比例予定候補の活動に復帰した大門みきし参院議員は、23日、和歌山国政報告・要求懇談会、24日には滋賀県大津市での演説会に参加。いずれも病を乗り越えての復帰に温かい拍手が寄せられました。和歌山では、国会議員と現場が力を合わせて要求を実現することを強調。滋賀ではこの日、選挙区の野党統一候補として発表された林久美子参院議員、市田忠義副委員長とともに訴え。ユーモアあふれる演説に何度も爆笑が起きました。
戻る▲
◆2016年4月18日(月)   党大阪府委員会・政府交渉に参加
18日、大門みきし参院議員は、党大阪府委員会主催(府下地方議員団参加)の政府交渉に参加ました。各省庁交渉終了後の夕方に、内閣総理大臣あての「消費税10%への増税中止を求める」要請をしました。要請には、参院大阪選挙区予定候補のわたなべ結さんも参加しました。
戻る▲
◆2016年4月11日(月)   大門議員、国会活動に復帰 党議員団会議であいさつ

昨年末から病気療養中だった日本共産党の大門みきし参院議員が11日、国会活動に復帰し、同日開かれた国会議員団会議であいさつしました。

 穀田恵二国対委員長が大門議員の復帰を報告すると割れるような拍手が起こるなか、「おかえりなさい」と紙智子参院議員から花束を渡された大門氏は、「いろんな人に支えられ、おかげさまで復帰することができました。ありがとうございました」と述べました。

 大門議員は「大手術でしたが、医師から再発の兆候はないといわれました」と報告。「参院選まであと3カ月。経済論戦もたいへん重要なテーマになると思います。また、その一翼を担ってがんばりたいと思います」と決意を語りました。

戻る▲