● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2016年5月28日(土)   大阪市旭区演説会
 28日、大門みきし参院議員は、大阪市旭区の演説会で、辰巳孝太郎参院議員、わたなべ結参院大阪選挙区予定候補と共に訴えました。

戻る▲
◆2016年5月28日(土)   5月28日(土) 「国会の質問見ました。すごかった!」~大阪・岸和田
 28日、岸和田市の演説会では、大門みきし参議院議員、わたなべ結大阪選挙区候補、宮本岳志衆議院議員と共に、訴え。大門議員は、赤旗号外を示して「3つのチエンジで格差ただし、公正な社会を」と、国会でのタックスヘイブンの質問を紹介しながら訴えました。初めて大門さんの話を聞いた参加者も多く、「今日から岸和田ファンクラブを発足します」「経済問題、本当にわかりやすかった。これで訴えます」などの感想が寄せられました。

戻る▲
◆2016年5月21日(土)   大阪7区(吹田・摂津)後援会「5・21講演と文化のつどい」
 第一部ウイグル舞踊と歌 第二部 講演「アベノミクス、消費税増税『軍事経済』で日本はどうなる」(寺沢亜志也 日本共産党政策委員会副責任者)で開催されたつどいで大門みきし参院議員があいさつをしました。参加者は目を輝かせて大門議員のあいさつに聞き入り、ユーモアあふれる話しに何度も笑いが起こっていました。

戻る▲
◆2016年5月21日(土)   野党共闘前進へ 確信あふれる演説会に 大阪府堺市

 大門みきし参院議員は、21日大阪堺市の演説会で、わたなべ結大阪選挙区予定候補、宮本岳志衆議院議員と共に訴えました。会場いっぱいの参加者で、野党共闘への確信があふれる演説会になりました。大門議員のユーモアを交えての話に大きな拍手が送られ、「勇気が出ました」「共産党の活動に明るさをもたらしてくれてありがとう」「初めて聞き、フアンになりました」と感想が寄せられました。

戻る▲
◆2016年5月21日(土)   大門・わたなべ事務所開き
 21日、大門・」わたなべ事務所開きがあり、250人が参加。平松邦夫元大阪市長、服部良一・社民党衆院議員、生活の党、新社会党の代表ら大阪の共同の広がりを示した事務所開きでした。大門みきし参院議員は「税金は庶民からでなくタックスヘイブンで税逃れしている大企業・大金持ちから取ろう」「人気取りで渡辺喜美を比例候補にするおおさか維新に負けるわけにいかない」「自公・おおさか維新を3分の2どころか少数に」と訴えました。

戻る▲
◆2016年5月19日(木)   党滋賀県委員会・滋賀地方議員団の「琵琶湖問題」政府交渉に参加
19日、党滋賀県委員会・地方議員団の「琵琶湖問題」の政府交渉があり、大門みきし議員が参加しました。昼休みには市田忠義・山下芳生両参院議員も激励に参加しました。さらに、清水ただし衆院議員も交渉に参加しました。
戻る▲
◆2016年5月9日(月)   近畿2府4県党後援会決起集会(大阪・中之島)
「近畿は一つで参院選勝利を」と9日、大阪市中之島の市立中央公会堂で近畿の日本共産党後援会の決起集会が行われ、雨のなか近畿2府4県から会場いっぱいの1200人が参加しました。集会には近畿の参院選予定候補が勢揃い。市田忠義党副委員長が講演しました。復帰を祝う温かい拍手のなか大門みきし参院議員が訴え。「大門節が冴えました」「さすが大門さん」「顔を見られて良かった」などの声が上がりました。閉会後、出口では握手攻めで、写真撮影が続きました。
戻る▲
◆2016年5月8日(日)   「面白かった。来てよかった」 大阪府羽曳野市
 大門みきし参院議員は8日、大阪府羽曳野市の演説会で宮本岳志衆院議員、わたなべ結参院大阪選挙区予定候補らと訴え。羽曳野入りは初めてですが、何度も笑いがおき、「面白かった。初めて演説を聞いた。今日は来てよかった」の感想がありました。
戻る▲
◆2016年5月7日(土)   兵庫・三田で街頭から訴え
 大門みきし参院議員は7日、兵庫県三田市での演説会に続き、街頭からも訴えました。三田入りは今年初めに予定でしたが、大門さんの療養のため延期されていました。「元気になった大門さんを見に来て」というお誘いもされ、会場は満席。堀内照文衆院議員、金田峰生参院兵庫選挙区予定候補らとともに訴えました。
 演説会後には復帰後初めての街頭演説をJR三田駅前で行いました。張りのある声で健康回復を印象付けました。
戻る▲
◆2016年5月1日(日)   大阪メーデーに参加
大阪市北区の扇町公園で開催された「大阪メーデー」に参加し、宮本岳志衆議院議員、辰巳孝太郎参議院議員、わたなべ結大阪選挙区候補などとともに壇上で紹介され、天満橋コースをデモ行進、でも宣伝カーからデモ参加者へ連帯のよびかけをしました。会場でも、デモ参加者からも「待ってました。お帰りなさい!」「勝ちましょう!」と、激励の声が寄せられました。、
戻る▲