● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

過去のかけある記へ

◆2016年12月19日(月)   改憲でつながるTPP・年金・カジノ解禁
耳原病院学習会で
 大門実紀史参院議員は16日、大阪・堺市の耳原病院の後援会学習会、17日、大阪革新懇の集会で国会報告。臨時国会で自民・公明・維新が強行したTPP、年金カット法、カジノ解禁法は、解散総選挙によって改憲勢力の3分の2を確保し憲法改悪を進めるという安倍首相の作戦の中でつながっていることを解明。同時にその狙いはうまくいっていないことを指摘し、追い詰められているのは安倍政権と悪政推進勢力であることを強調しました。
戻る▲
◆2016年12月3日(土)   野党共闘、アベノミクス、社会保障
大門実紀史参院議員はこの間、国会論戦をこなしながら、近畿各地で演説。どの会場も満員の盛況で、「大門節」に沸いています。「なぜ野党共闘に熱心なのか」について、「共産党は国民と力をあわせ、国民の合意で一歩一歩政治を変える党。世界一気の長い党です」。アベノミクスについては、「格差と貧困を拡大する政治であり、『成功』したから生活が苦しくなった。転換するしかない」。社会保障については「削減路線を切り替え、拡充に。社会保障を充実してこそ景気もよくなる。『病院に来るな』でなく受診したらポイントがたまる。たまったら入院券をあげるなどの明るい社会保障に」と話すと、いつも爆笑と拍手。
 大門さんは11月、大阪・寝屋川市、高槻市、天王寺区、京都・綾部市、和歌山・かつらぎ町、大阪消費税をなくす会、同女性後援会で話しました。12月は大阪、兵庫などで話します。
戻る▲