● ● ● ● 大門実紀史 Daimon Mikishi  ● ● ● ●

2001年4月18,19日 川辺川ダム調査(熊本県)

 二日間にわたり、川辺川の清流、ダム建設予定地、灌漑排水事業の対象地域や六角用水路などを調査し、五木村村長や住民運動団体、地元経済界幹部との懇談を行いました。川辺川は、97年度の環境庁調査で全国2524水系のうち、環境基準満足度日本一となった全国屈指の清流です。実際に見て、今も清流が守られており、それが日本有数のアユを育て、多くの人々が水に親しめる要因になっています。ダム事業の当初目的は水害対策でしたが、その後治水、利水、発電、調整機能などをあげていますが、いずれもその破綻が明白になっています。
戻る▲