● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

◆2001年5月12,13日 旧中部ダム調査(鳥取県)
 県は昨年4月、洪水調節、河川環境保全、水道用水確保等を目的とした中部ダム建設中止を発表しました。県公共事業再評価委員会が「中止が適当」と県に答申し、県はそれを受けて中止を決めたものです。中止の理由は、「治水の方式としてのダム建設は適当ではない」「利水は、必ずしも緊急性を要するものでない」等です。県は事業中止にともない、建設予定地だった三朝町にたいし、住宅再建助成など168億円に及ぶ振興計画を提示しました。行政が、ダム事業の中止を受けて公共基盤整備以外の地域再生策に公的資金を投入するのは初めての事です。調査では、水没予定地であった三朝町の福田・下谷地区の現地を視察し、関係者と懇談し要望を聞きました。
戻る▲