● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

2001年7月19日 ダム事業の抜本的な見直しに向けてーー「六つの提言」発表
 日本共産党は、「無駄と環境破壊のダム事業の抜本的な見直しを求めるーダム事業見直しに関する六つの提言」)(リンク)を、記者会見で発表しました。提言の柱は、次のとおりです。
 @計画中、建設中のダムでも、目的を失ったダムは直ちに中止し、必要な代替策と地域振興策をはかる、A「森は天然のダム」――自然環境の保全を優先する、B河川改修や森林保全の治水対策をすすめられる支援策の強化する、C住民の負担をあきらかにし、健康をまもる、D計画段階から住民が参加する「河川事業評価制度」を創設する、E政官業の利権・癒着構造にメスを入れる。
戻る▲