● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

◆1月8日 地域経済と中小企業を守る「緊急要求」を会見で発表(国会)
右から、大門議員、筆坂政策委員長、佐々木議員
 日本共産党国会議員団・地域金融対策委員会は、全国での調査を踏まえて、「信用金庫、信用組合など地域金融機関の連続破綻から地域経済と中小企業を守る『緊急要求』」を発表しました。同委員会の事務局長として、国会での記者会見に出席しました。
 全国各地で信金・信組の破綻が相次いでおり、地域の経済、中小零細業者を直撃し、まさに異常事態です。その最大の原因は、小泉内閣の不良債権の「早期是正措置」の方針です。金融庁はその方針のもとで、国際的な活動を行う大銀行と同じ「金融検査マニアル」で信金・信組の検査を行い、一気につぶしているのです。各地の調査からも、国策としての連続破綻を実感しています。また私の質問に柳沢金融担当大臣は、「ペイオフ解禁(4月1日)に向けて、地域金融機関の選別を行うため」と、ハッキリ述べています。
 地域経済と中小業者を守る運動を、全国各地で起こしていく決意を固めています。
戻る▲