● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

◆2002年4月17日 信金・信組連続破綻問題の緊急・国会報告集会(国会)
 「中小企業の命綱、地域金融を守ろう」――昨年来、56もの信用金庫・信用組合が小泉内閣の不良債権早期処理方針で破綻させられるなか、日本共産党国会議員団は4月17日、国会内で「地域金融機関・連続破綻問題 緊急報告集会」を開きました。緊急の呼びかけにもかかわらず、全国から150人を超える参加者があり会場を埋めつくしました。この集会は国会議員団地域金融対策委員会(私は事務局長です。当日は司会をしました)で準備をしてきましたが、全国からの会場あふれる参加者と発言内容の切実さは、この問題の深刻さと運動の高まりを示すものでした。
 代表発言は、千葉・船橋信金、大阪・相互信金、東京・大田区の2信組、岩手・岩手信組、京都・2信金、茨城・石岡信金、全信労の取り組み、鳥畑与一静大教授の発言と、多彩かつこの間の運動の成果が反映した豊富な内容でした(詳報は4月18日しんぶん赤旗)。
引き続き、国会論戦と地域の運動を強めることを確認しました。
戻る▲