● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

◆2002年7月16日 台風6号被害で、岩手県千厩(せんまや)町、大東町、東山町を調査(岩手県)
町長から被害状況の説明を受ける
削り取られた土手を応急措置で泥土を積む
農地を覆う大量の土砂
 台風6号による大雨で北上川の水位は一関市狐禅寺で、最高13.51bを記録しました。東山町はじめ周辺町村に甚大な被害を及ぼした今回の台風は、昭和22年、23年に一関を襲ったカスリン台風、アイオン台風に次ぐ記録的な大雨となりました。急激な増水、河川の氾濫で、床上浸水、河川や道路決壊、農地への土砂堆積や流失。早速、調査3日後の19日、災害対策特別委員会で調査結果を踏まえ、政府に対し、早急な被害実態調査と二次災害対策を具体的に要求しました(この質問は、当ホームページ〔国会質問 7月19日災害対策特別委員会〕に掲載しています)
戻る▲