● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

◆2002年10月7日 諫早市・本明川ダム建設問題で現地調査(長崎県)

ダムサイト建設予定地
 「洪水調節」や「水道水確保」を目的として本明川上流に計画されている本明川ダム建設問題で現地に入り、国土交通省などの関係者から事業概要や進ちょく状況を聞き、ダム建設予定地、本明川の治水対策や沿川状況を視察しました。午後は県庁記者クラブで、調査結果と共産党の見解について会見をしました。調査と会見には、日本共産党の小沢和秋衆院議員、中田晋介長崎県議らが参加しました。
 記者会見では、「なぜダムが必要なのか説明が不十分」として、「巨費が投じられる建設計画が決まる段階なのに、ダム以外の代替案を含めた住民説明がない。旧態依然のやり方で新河川法の趣旨が生かされていない」、今後、「狭い地域だけではなく、諫早干拓との関連をはじめとした県民レベルでのさまざまな情報公開を求めていく」と発言。またな長崎市、諫早市など2市6町が参加する長崎県南部広域水道企業団が管理する「水道水の供給」問題では、「まだダム計画そのものが固まっていないのに、すでに長崎市では導水管敷設予算が議決されている」として、ダム計画の進め方に問題があることも指摘しました。

記者会見

普段は空けておき洪水の際に扉を
閉める防水施設「陸こう」(本明川)
戻る▲