● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

◆2003年9月25日 JCO臨界事故現場視察・申入、労働局申入(茨城県)
 9月25日午前、核燃料加工会社JCOが日本初の臨界事故現場(転換試験棟)撤去を国に申請している問題で、日本共産党茨城県委員会は同社(茨城県東海村)に必要な安全対策をとり関連施設の保存措置をとるよう申し入れました。あわせて、事故現場を視察しました。事故現場が公開されてから、国会議員が視察したのは大門みきし議員が初めてです。行動には、大内久美子県議、地元村議らが参加。応対した宮嶋良樹東海事業所所長は、「事故では関係住民や自治体に大変迷惑をおかけした。申し入れについては社長に伝え、検討させていただきます」と述べました。旧転換試験棟保存をめぐっては、同事業所のある東海村村議会に調査特別委員会が設置され検討が行われています。村上達也村長は、「解体撤去ではなく保存すべき」との考えを表明しています。宮嶋同所長は、「村とも相談して進めたい」と述べています。
 午後には水戸市に戻り、日立製作所が法律を無視して現業以外のホワイトカラー労働者に裁量労働制を導入しようとしている問題とサービス残業(ただ働き)是正等で、茨城労働局に申し入れました。申し入れには、衆院の各区候補者が参加しました。裁量労働制については、「会社から申請が出た際に、法律、実態と合致しているかどうかを調査する」と答えました。
戻る▲