● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

◆2003年10月7日 「大門議員のおかげです」―国会質問が悪質ヤミ金融業者逮捕へ
 警視庁生活経済課などは10月7日、年金暮らしの高齢者などから違法な高金利を取り立てていたとして、出資法違反の疑いで貸金業「プレジデントインターナショナル」(東京都新宿区)経営者ら二人を逮捕しました。このヤミ金融業者については、被害者から警察が適切に対応しないと訴えをうけた大門議員が7月22日の参院財政金融委員会で、逮捕を含め迅速な対応を求めていたものです(会議録は、大門みきしホームページ「国会質問」に収録)。
 このヤミ金融は高齢者に貸し付ける際、年金を担保とする独立行政法人「福祉医療機構」の融資に申し込ませ、預金通帳などを預かって貸付金から多額の金利を取っていました。大門議員が国会で追及した内容は、このヤミ金融から180万円借りた歯科医師が二千万円返済しても完済にならず、脅迫電話や医院へのいやがらせを受けたうえ、所有するマンションの名義を勝手に書き換えられた等の問題。訴えを受けた大門議員は、警察が違法行為が明白なのに調査していないと追及。歯科医師は、「大門議員が国会で質問してくれて警察はやっと動いた。そうでなかったらマンションをとられ、医院を乗っ取られて終わりでした。自殺も考えました。大門議員のおかげです」と話しています。(写真は、ヤミ金融業者逮捕を報じる10.8「しんぶん赤旗」と10.7「読売」夕刊)
戻る▲