● ● ● ● 大門みきし Daimon Mikishi  ● ● ● ●

◆2003年11月28日〜12月1日 東北6県・北海道への挨拶・懇談
 2003年11月22日の全国都道府県委員長会議で、「参議院比例代表選挙の新しい方針」が決定されました。その中で、大門議員の活動地域(区割り地域)が「北関東」4県から「北海道・東北・北関東」の1道10県に増えました。早速、東北6県、北海道の共産党県委員会等に挨拶・懇談に出向きました。スケジュールはハードで、松本清張氏の「点と線」をしのぐ鉄道行程でした。
(28日・福島県)福島民放社訪問、福島民友社訪問、中合デパート前で演説(寒い中、多くの支持者が集まり感激)⇒(山形県)県委員会事務所で約30人と懇談⇒(宮城県)県委員会事務所で80人と懇談。(29日・秋田県)県委員会事務所で25人と懇談⇒(岩手県)100人参加の歓迎集会⇒(青森県)県委員会事務所で常勤者と懇談。(30日・海峡線で北海道に上陸)函館地区で250〜300人が集まり熱気溢れる歓迎集会⇒札幌市・パルコ前で「イラク派兵反対の演説」、休む間もなく共産党札幌市内の6地区委員会を激励・訪問。
(12月1日)札幌市内の民主団体訪問(道労連、民医連、生健連、新婦人、北商連)⇒旭川市民主団体(旭川民商、新婦人、建交労、道北勤医協)、そして共産党地区委員会を訪問(夜帰京)。
(宮城)会場で求められ著書にサインを (福島)演説後聴衆から暖かい激励が
(秋田)ストーブが焚かれた暖かい懇談会 (函館)会場満席で参院選勝利固める
戻る▲